田口淳之介 小嶺麗奈大麻逮捕の裏でうごめく“六本木の闇人脈”とは!? 高部あいとも関連か…「覚醒剤は?」の声も

 ホームページ作成サービス「グーペ」

KAT-TUN」の元メンバー・田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者が大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されたニュースは瞬く間に業界を駆け巡っていた。文藝春秋から出版予定だった田口容疑者のデジタル写真集は発売中止が濃厚。7月から9月に行うはずだった全国ライブツアーも白紙となり、違約金は「数千万円~1億円」にのぼるとも…。

 現場となった世田谷区のマンションからは乾燥大麻数グラムのほか、吸引する際に利用するグラインダーや巻紙を押収。ブツはどこかに隠すわけでもなく、共有スペースに堂々と置いてあったという。当局は「常習性あり」と判断。田口は調べに「大麻は2人のもの」と供述する一方で、小嶺容疑者は「大麻は自分1人が使った」と述べ、食い違いが生じているという。

 田口容疑者はジャニーズ事務所退所後の2016年6月に個人事務所を設立。自身は代表に、小嶺容疑者は取締役に就任している。

 スポーツ紙記者は「小嶺容疑者は裏方に徹し、田口容疑者のマネジメントを行っていた。言い方は悪いが、“商品“に傷がつかないよう、彼女は罪を1人で被ろうと考えているのだろう」と話す。そんななか、業界関係者の間ではこんな声も聞かれる。

「本当に大麻だけなのか?」

 当局が内偵していたのは、田口容疑者ではなく小嶺容疑者だった。一部スポーツ紙が報じた「内偵10年」はさすがに言いすぎだが、彼女の交遊関係が入手ルートの全容解明を解き明かす鍵なのは間違いない。

「2015年にコカイン所持で逮捕された高部あいの事件を調べている際も、2人の名前が聞こえてきた。ネット上では半グレ集団と思しきコワモテ男性と一緒に飲む2人の写真も流出している。これらはすべて田口ではなく、小嶺のルートからスタートしたものだ。彼女は六本木・麻布に闇人脈があった」(週刊誌記者)

 高部しかり、“小嶺ルート”には覚醒剤で逮捕された者も多い。「本当に大麻だけ?」と疑いたくなるのも無理はない。当局は2人の尿検査を行う方針。

 前出スポーツ紙記者は「小嶺容疑者は修羅場をくぐっているだけあって、肝が据わっているそうだ。当局の取り調べに入手ルートを謳うことはしないだろう。となれば、狙いは田口容疑者1本。2人を同じ拘置所にブチ込んだのも、お互いの供述をすり合わせ、矛盾点を突くのが狙い。田口容疑者はもともと純朴少年。彼が小嶺容疑者の“洗脳”からいつ解放されるかがポイントだろう」と話す。

「見出しは田口、主犯は小嶺」と称される今回の事件。闇は予想以上に深い――。  

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント