King&Prince・永瀬&神宮寺、初映画が6位スタート……平野紫耀『ういらぶ。』下回る結果に

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 King&Prince・永瀬廉が初主演し、同グループの神宮寺勇太も出演した映画『うちの執事が言うことには』(5月17日公開)が、18~19日の国内映画ランキング(興行通信社提供)で6位に初登場。「ORICON NEWS」などの記事によれば、初日の17日を含む3日間の興行収入は1億2074万8,300円、動員数は9万3,812人を記録したという。ネット上では2人の演技やストーリー展開について、さまざまな感想が上がっている。

 同作は、名門・烏丸家の若き当主・花穎(永瀬)と仏頂面の新米執事・衣更月蒼馬(清原翔)コンビが、家に降りかかる難事件に立ち向かっていく物語。烏丸家と同じ上流階級の一家・赤目家の御曹司・刻弥(ときや)を神宮司が演じ、1月期に話題になったドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)に出演した神尾楓珠ほか、優希美青原日出子吹越満奥田瑛二らが脇を固めている。原作はシリーズ化もされている高里椎奈氏のミステリー小説『うちの執事が言うことには』(角川文庫)で、久万真路監督がメガホンを取った。

 今、最も勢いがあるとされるジャニーズの新星・King&Princeメンバーから2人が出演している『うちの執事が言うことには』だが、18日~19日のランキングは長澤まさみ東出昌大小日向文世が共演した映画『コンフィデンスマンJP』(17日公開、全国324スクリーン)が首位を獲得。すでに公開されている『名探偵ピカチュウ』『キングダム』『名探偵コナン 紺青の拳』『アベンジャーズ/エンドゲーム』も続々ランクインし、195スクリーンで上映された『うちの執事が言うことには』は6位に。ヒット中の作品も多い中で、新作では『コンフィデンスマンJP』に続いて2位という結果だった。

「King&Princeはグループの中心的存在である平野紫耀が、昨年11月公開の映画『ういらぶ。』で主演を務めています。こちらは全国218スクリーンの公開で、土日2日間の動員が14万3,000人、興収は1億7000万円でした。一方、同じくKing&Princeから2人が出演する『うちの執事が言うことには』は、3日動員で9万台ですから、平野主演作に負けてしまった形です。若手世代の主演作と比較すると、Hey!Say!JUMP・伊野尾慧、山本美月がダブル主演した17年5月公開の『ピーチガール』(全国301スクリーン)は2日で12万人、興収は1億4300万円。Sexy Zone中島健人&Hey!Say!JUMP・知念侑李が共演した17年12月公開の『未成年だけどコドモじゃない』(全国281スクリーン)は動員11万5,000人、興収1億3700万円を記録。『うちの執事が言うことには』は195館での封切りとあって、この3作より小規模ではあるものの、イマイチ当たっていない印象です」(ジャニーズに詳しい記者) 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント