元KAT-TUNから2人目…田口容疑者逮捕と芸能界薬物汚染の闇

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 元「KAT―TUN」で歌手の田口淳之介(33)と女優の小嶺麗奈(38)両容疑者が、厚労省関東信越厚生局麻薬取締部大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたことで芸能界に衝撃が走っている。

 同麻取によると、世田谷区の田口容疑者の個人事務所「Immortal」兼住居のマンションに2人でいたところを、22日朝にガサ入れ。室内に乾燥大麻数グラム、大麻を粉末にするためのグラインダーと巻き紙があり、簡易鑑定の結果、陽性反応が出たため、同日午後1時47分に逮捕となった。

「第三者から“タレ込み”があり、その情報をもとに麻取が捜査を開始したそうです」(事情通)

 田口容疑者は1999年にジャニーズ事務所に入所。2001年からは「KAT―TUN」のメンバーとして活躍していたが、16年春にグループを脱退。個人事務所を設立し、音楽活動を続けていた。

 一方の小嶺容疑者は、10代から女優として活躍していたが、07年に田口容疑者との交際が発覚。その後も田口容疑者と同棲する様子がたびたび報じられていた。デビュー当時から田口容疑者を知る芸能関係者はこう話す。

「田口クンは独自にジャグリングなどにも挑戦していましたが、メンバーの中でも正直浮いてました。最後の方は、メンバーが順に話をするライブのMCも振られないこともあり、グループ内で居場所がないという感じでしたね。すでに交際が発覚していましたが、そんな心の隙間に入り込んでいったのが5歳年上の小嶺容疑者だったと思います」

 小嶺容疑者も現在は事務所に所属せず、田口容疑者の個人事務所を手伝っていた。まさに公私にわたるパートナーだったわけだ。

「田口容疑者がジャニーズ事務所に脱退を申し出た時は、事務所側は、小嶺容疑者と結婚がしたいのか、俳優業に専念したいのか、本人の真意を聞いたそうなのですが、いまひとつ判然とせず、“30歳を前にして自分の行くべき道を探したい”という抽象的な理由を言っていたそうです」(スポーツ紙芸能担当記者)

 結局、退所後も小嶺容疑者は田口容疑者と入籍することはなく、10年以上“内縁の妻”を続けていたようだ。

■小嶺容疑者が出てきた「薬物乱用防止啓発CM」

 しかも、小嶺容疑者はかつて、ACジャパンの薬物乱用防止啓発CM「DRUGS KILL TEENS」に出演していた。そのCMで小嶺容疑者は、クラスメートをドラッグに陥れる悪い女子高校生を演じている。ラストに「友達のフリしてドラッグは近づいて来ます」とナレーションが入り、アップで映るその不敵な表情は、もはや悪い冗談でしかない。

 一方、17年5月に田中聖(33)が、同じく大麻所持で逮捕されたことに続き、同グループの元メンバーが、またしても薬物で逮捕されたことに一部では動揺が広がっている。

「2人に共通するのは、インディーズで音楽活動をしていたということでしょう。アンダーグラウンドな音楽系の一部の関係者から薬物が流れてくるという話はよく聞きますね。クラブカルチャーとドラッグは親和性が高いですから」(前出の芸能担当記者)

 麻取は現在、入手経路を捜査中だが、この騒動の波紋はまだまだ広がりそう。闇の解明はこれからだ。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント