読売テレビが謝罪 情報番組で性別巡り不適切取材…ネットで非難の声

 グーペ

 読売テレビ大阪市)は12日、報道番組「かんさい情報ネットten.」が10日に放送した企画コーナーで、飲食店の客に性別を問い、明らかにしようとしたのは「プライバシーに関する情報について不適切な取材」だったとして謝罪した。

 問題となったのは、お笑い芸人が街中に出て人々の疑問を調べる企画「迷ってナンボ!」。大阪市内にある飲食店の店員の「性別が分からない常連客がいる」という声を取り上げ、芸人が常連客に性別を質問した他、体に触ったり、保険証の性別欄を確認したりした。VTR終了後、番組コメンテーターとして出演していた作家の若一光司さんは「許しがたい人権感覚の欠如」と企画を批判。インターネット上でも非難の声が上がっていた。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

ホームページ作成サービス Z.com Studio

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント