NHK会長「いだてん」大河ワースト視聴率に言及「芸術性の高い作品。それを楽しんで」

 グーペ

 NHKの上田良一会長(69)が9日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)の視聴率について言及した。

 第16話が4月28日に、第17話が5日に放送され、平均視聴率はそれぞれ7・1%、7・7%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)。第16話は大河ドラマ史上最低視聴率を記録した。これまでのワーストは「平清盛」(2012年)第31話(11月18日放送)の7・3%だった。

 上田会長は「視聴率でみれば、かんばしくないが、私は別の角度から楽しく見させていただいている。私は田舎が熊本の対岸の島原で、言葉が似ていて、生まれたときの育った言葉に近くて愛情を感じる。ストーリーは宮藤官九郎さんが工夫してつくっている芸術性の高い作品。視聴者の方々がそういうところを楽しんでいただけたらと思う」とコメントした。

 「いだてん」は初回15・5%で、0・1ポイントながら前作「西郷どん」の初回15・4%を上回ったが、第2話は12・0%と大幅3・5ポイント減。第3話13・2%、第4話11・6%、第5話10・2%と推移し、第6話で9・9%と“史上最速”で1桁に陥落。その後も第7話=9・5%、第8話=9・3%、第9話=9・7%、第10話=8・7%、第11話=8・7%、第12話=9・3%、第13話=8・4%、第14話=9・6%、第15話=8・7%と10回連続1桁と低迷していた。

 大河ドラマ58作目の「いだてん」は、86年「いのち」以来33年ぶりの“近現代大河”。2013年前期の連続テレビ小説あまちゃん」で社会現象を巻き起こした脚本家の宮藤氏が大河脚本に初挑戦。オリジナル作品を手掛ける。20年の東京五輪を控え、テーマは「“東京”と“オリンピック”」。日本が五輪に初参加した1912年のストックホルム大会から64年の東京五輪まで、日本の激動の半世紀を描く。  

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

ホームページ作成サービス Z.com Studio

【電話占い・霊感占いラフィネ】口コミで当たると評判の電話占いサイト!初回最大10分無料キャンペーン実施中!