小川彩佳アナ「NEWS23」決定…テレ朝退社から2か月後、令和TBSの顔に

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 TBSは7日、テレビ朝日を4月5日付で退社した小川彩佳アナウンサー(34)が、本紙既報通り、6月3日から同局の報道番組「NEWS23」(月~木曜・後11時、金曜・後11時半)のメインキャスターに就任すると発表した。現在、メインキャスターを務める雨宮塔子(48)は5月末で降板する。

 テレ朝入社5年目から看板番組「報道ステーション」のキャスターを7年半担当した小川アナが、TBSの看板番組の顔になった。退社2か月後に他局の帯番組のメインキャスターを務めるのは極めて異例だ。

 関係者によると、これまで報道畑を歩んできた小川アナは、昨年10月にインターネット放送「Abema TV」の「AbemaPrime」(月~金曜・後9時)のメインキャスター就任後も、地上波での報道番組復帰を切望していた。そうした中、視聴率が低迷する「NEWS23」のテコ入れを模索していたTBSと思惑が一致した形だ。

 別の関係者によると、小川アナは今月中に、交際中の1歳年上の一般男性と結婚するとみられ、6月から公私ともに新たな門出となる。

 筑紫哲也さんが初代キャスターを務めた「NEWS23」は平成元年(1989年)に始まり、令和の新時代とともに新布陣で新たなスタートを切る。小川アナに加え、新たにスポーツキャスターとして石井大裕アナ(33)、サブキャスターに入社4年目の山本恵里伽アナ(25)、取材キャスターに報道局の村瀬健介記者(42)が決定。石井アナは来年開催される東京五輪パラリンピックを見据えての起用とみられる。現在メインキャスターを務める星浩氏(63)は「アンカー」として小川アナを支える。

 同時間帯には古巣の「報ステ」や日本テレビ系「news zero」と強力な裏番組が控え、小川アナの参戦で6月から熾烈(しれつ)な視聴率争いが展開されそうだ。

 ◆小川 彩佳(おがわ・あやか)1985年2月20日、東京都生まれ。34歳。青山学院大国際政治経済学部卒業。2007年、テレビ朝日に入社。11年4月から昨年9月まで「報道ステーション」を担当。今年2月、1歳年上の一般男性との結婚を発表。4月、同局を退社。資格はTOEIC915点、スペイン語検定4級。趣味はロックなど音楽・映画鑑賞、歌舞伎観劇。特技は日本舞踊で花柳流名取。身長168センチ。血液型A。  

エックスサーバー

wpXレンタルサーバー

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント