【平成の歌姫伝 宇多田ヒカル】 時代でくくれない別次元の才能と“人間活動”のはざまで…

 ホームページ作成サービス「グーペ」

「きたーーー」と、宇多田ヒカル(36)は公式ツイッターでコメントしている。デビュー20周年を記念し、昨年の12年ぶりに行った国内ツアーの映像商品にスタッフの予想をはるかに超える予約がはいったそうで、「EC(Eコマース=ネット販売)では1日で完売してしまったそうです」などと報告している。

 平成10(1998)年に15歳でリリースしたデビューシングル「Automatic」から旋風を巻き起こし、翌年のファーストアルバム「First Love」が累計765万枚を売り上げる大ヒットを記録。「新宿の女」などの藤圭子の長女ということもあって、一躍スターダムにのし上がったのは、平成の回顧特集でも繰り返されている通り。

宇多田ヒカルちゃんが僕を終わらせた」と小室哲哉に言わしめた才能、勢いは衰え知らずである。

 今年に入ってからも「第69回芸術選奨 文部科学大臣賞」大衆芸能部門新人賞などに選ばれ、映画の主題歌にゲームのテーマソングと、幅広く活躍している。

 平成の30年にあまたの「歌姫」が活躍した。が、安室奈美恵は引退、浜崎あゆみには失速の印象が強まるなか、なぜ宇多田はこうも強いのか。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

「やはり、次元が違う。昭和だ平成だという時代でくくれるレベルではないのでしょう。かつて、日本の音楽シーンで歌がうまいというと、ドリカムの吉田美和さんの名前が挙がっていましたけど、宇多田さんはいきなり世界レベルで登場した。それは衝撃的でしたよね。そして普通の人が5~6回生まれ変わっても、得られないような成功を若くして手にした。すでに一生分は優に稼いだこともあってか、その後は売れなければとか、誰かに勝ちたいというような渇望にとらわれることなく、自分の人生のスケジュールを自分で決めて、生きているように見える。それがアーティスト活動にも奏功している」

■2度目の離婚でシングルマザーに

 2010年に活動休止を発表したときは「人間活動のため」と表現した。休止中にイタリア人男性と再婚、翌15年に長男が生まれる。2016年に活動再開後、2度目の離婚を経験し、シングルマザーとなった。

「デビュー当時はご両親の不仲説を取り沙汰され、婦人科の病気も患うなど人生経験を積んできていることも、今の宇多田さんを形づくったと思います。音楽の才能は突出しても、ご本人にしてみれば、普通の『人間活動』とはまったく別のもの。そうした割り切りというか、考え方が宇多田さんの根幹にあるのではないでしょうか。デビュー当時、麹町の彼女が暮らしていたマンション前で直撃取材したときも、本当にごく普通の女の子という印象でした」(青山氏)

 現在はロンドン在住という宇多田。青山氏の最初の直撃後、ブログで「面白かった」とコメントした平成の歌姫は今なら何と答えるだろうか。 

エックスサーバー

wpXレンタルサーバー

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント