NGT48運営の愚行に向井地美音や岡田奈々ら現役メンバーが怒りの声

 グーペ

 4月21日、NGT48劇場にて行われた公演で山口真帆が卒業を発表した。これによりNGT48暴行事件は最悪のかたちで一端、幕を閉じることになった。

 山口真帆は卒業を告げる挨拶のなかで、AKS代表取締役社長である吉成夏子氏から言われたというあまりにもひどい言葉を明かし、AKSおよびNGT48運営がいかにタレントの安全管理を軽んじているかを告発している。

<事件のことを発信した際、社長には「不起訴になったことで事件じゃないということだ」と言われ、そして今は会社を攻撃する加害者だとまで言われています>
<目をそらしてはいけない問題に対して、「そらさないなら辞めろ。新生NGT48を始められない」というのが、このグループの答えでした>
<私には人の命より大切なものがなにか分かりません。
大切な仲間たちが安全にアイドルをできる毎日になってほしいと、心から願っています>

 暴行を受けた被害者でありながら、それでも勇気と気力を振り絞り、他に被害者を出さないため働きかけた山口真帆に対してこの仕打ち。AKSおよびNGT48はまともな運営ではないし、多くの女性アイドルを抱える芸能プロダクションとしての資格そのものを疑わざるを得ない。

指原莉乃向井地美音岡田奈々、現役メンバーが怒りを表明
 そんななか、指原莉乃HKT48)が、芸能プロダクションのトップとして、吉成社長のやり方に疑問を呈するツイートを行った。

<本当だとしたら未成年の子供も預かっている会社としておかしい。大人数を預かっておいてその感覚の人とは思いたくない。私も現社長とは一度しか会ったことも喋ったこともなかったしコミュニケーション不足もあるのか、いま預けられている人の不安さ不信感がわかってないような。全体的に怖いしおかしい>

 指原の言う通りだろう。タレントの安全管理に関わる明確な問題点が浮き彫りになっているのにも関わらず、きちんとした対処をするどころか、厄介払いのようなかたちで被害者を切り捨てるやり口はどうかしているとしか思えない。

 そういった思いを抱える現役メンバーは他にもいるようだ。AKB48グループ総監督の向井地美音や、AKB48STU48を兼任しSTU48ではキャプテンを務める岡田奈々SNSを通じて、理解に苦しむ終わり方をしたこの問題への悲しみを綴っている。

<3人の卒業という形になってしまったことが、すごく悲しいし辛いです。大切なファンの皆さんにもたくさん不安な思いをさせてしまい、私はこれからメンバーやグループを守っていかなければならない立場なのに、何ひとつ変えられなくてごめんなさい。
何が正しくて何が間違っているのか心の目でちゃんと見つめて、まっすぐに頑張っているメンバーがまっすぐに夢を追い続けられる場所にしたい。そしてアイドルとして、1人の女の子として、みんなが幸せになってほしい。ただそれだけです>(向井地美音) <何故?と理解出来ないことが多すぎるし謎も多くて簡単に解決出来る事じゃありません。ただ…一生懸命にグループと向き合って活動を頑張ってるこたちが悩み苦しむのは絶対に違う。48グループを誠実に愛す者たちが幸せであってほしい>(岡田奈々

 AKSがこのような対応をして世間から総叩きになっても恥じ入ることもない背景には、「それでもファンはついてくる」といった驕りがあるのだろう。

 事実、NGT48暴行事件が発覚した後に発売されたAKB48のシングル「ジワるDAYS」(3月13日発売)は、3月25日付オリコン週間シングルチャートで126万枚を売り上げた。特典の握手券を目当てにした購買行動はNGT48暴行事件発覚後も効力を失わなかったわけだ。

 しかし、それも長くは続かないだろう。元AKB48梅田彩佳はファンであってもいつまでもそんなに甘い考えはしていないと警鐘を鳴らした。

<ファンの方もちょろくないんだよ、
人なんです。
人対人なんだから。
こうしたらファンの方もついてくるな、、、なんて考えなのかな。
甘くないよね、そんなに>

スポーツ新聞記者も今後の取引を見直す旨の発言
 ファンはかろうじてまだ離れていないのかもしれないが、AKB48グループの活動をサポートし続けてきたスポンサーやメディアはすでに離れる動きを始めている。

 NGT48に関してはテレビやラジオのレギュラー番組がすべて、打ち切りになったり、放送が一時休止になるなどしている。また、一正蒲鉾などの有力なスポンサーが離れ、メディアや地元企業のサポートが得られない状態になった。

 これまではNGT48だけに限られた動きだったが、今回の件をきっかけにその動きはAKSひいてはAKB48グループすべてに拡大していくだろう。

 実際、九州地方のスポーツ新聞・西日本スポーツHKT48を担当している古川泰裕氏は、AKSに所属するアイドルグループのバックアップをすることがメディアとしてあるべき姿なのか考え直す旨のツイートをしている。

<「不起訴=事件ではない」
「会社を攻撃する加害者」
法的に立件されなかったとしても「自覚のないストーカーに自宅まで侵入されて顔を掴まれた」事実はすでに確認されている。その被害者に対し加害者であるとの認識をぶつけたことが事実なら、AKS吉成社長は経営者である前に人として間違っている> <ここからは地元紙としての考えになるが、そういう人間をトップに起き、そういう判断を下す幹部が運営するグループを紙面で取り扱って応援することが、地域への貢献となるかどうか。好き嫌いという個人の感情は抜きにして、色んなことを選択肢に入れて検討する必要がある>

 暴行事件の被害者からの声を反故にし、あろうことか<会社を攻撃する加害者>などと呼ぶ会社のサポートをすることが社会貢献になるのかどうか。メディアとして今後の取引を考え直すのは当然の流れだ。

 それはスポンサーも同じことだろう。むしろスポンサーの方がシビアな考えをする。そういったプロダクションの運営するアイドルグループを企業の顔として広告を打つことが、消費者からどう受け止められるのかを検討するからだ。

 山口真帆をこのようなかたちで追放した以上、AKSを社会が受け入れてはならない。ファン、スポンサー、メディアが揃って、グループから離れていく以外、AKS側が過ちに気付く方法はないだろう。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

レンタルサーバー シックスコア

ホームページ作成サービス Z.com Studio