竜星涼、主演作に自信「令和にぴったりの新しい学園ドラマ」 早くも続編希望

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 俳優の竜星涼が22日、都内で行われた主演ドラマMBS・TBS系ドラマ『都立水商!~令和~』(MBS:5月5日スタート 毎週日曜24:50~、TBS:5月7日スタート 毎週火曜25:28~)の制作発表会に出席。「“令和”という新しい時代にぴったりの新しい学園ドラマが誕生した」と手応えを語り、「パート2も望んでいます」と早くも続編に意欲を示した。

室積光氏の小説『都立水商!』を原作とするこのドラマは、水商売を目指す生徒たちのために水商売のイロハを教える都立高校「東京都立水商業高等学校」略して「都立水商」が舞台。新元号をタイトルに入れ、現代の世相と水商売のシステムを反映させた完全オリジナルストーリー&オリジナルキャラクターで描く。

主人公の新米教師・石綿直樹を演じる竜星は「教師役は一つの目標でもあったので、それが叶ったというのは感慨深い」としみじみ。2017年に『オトナ高校』(テレビ朝日)でも教師役を演じたが「そのときは生徒役がみなさん僕より年齢も上でちょっと変わった高校だったんです」と振り返り、「今回は生徒もみんな若くてやっと普通の学校の教師がやれると思ったら、水商売を教える学校ということで、なかなか普通の学校には就職させてもらえない」と笑った。

だが、変わった学園ドラマではあるものの「熱い、これぞ学園ドラマという内容」と言い、「水商売のイメージを払拭できる作品で、“令和”という新しい時代にぴったりの新しい学園ドラマが誕生したと思います」と自信。「人生で一番大事なものだったり、いろんなものが散りばめられた作品になっているので、最後まで新米教師と成長達の成長を見届けていただけたらと思っています」と呼びかけ、「パート2も僕は望んでいます」と続編を期待した。

制作発表会には、元カリスマキャバ嬢のキャバクラ科教師・乾千花役の松井玲奈、直樹が担任として受け持つことになる3年C組の生徒を演じる恒松祐里瀬戸利樹伊藤萌々香大原優乃飯窪春菜、小野寺晃良、バンダリ亜砂也、山本透監督も参加。

恒松は、教師役の竜星について「本当に兄貴的な存在で、一緒にいてくださったりして、それがすごく私たちの支えになったし、お芝居の勉強にもなったなと思います」とコメント。現場に“駄菓子屋竜星”コーナーがあったようで、大原は「竜星さんが差し入れで駄菓子をたくさん持ってきてくださって、休憩時間は駄菓子屋さんに走りに行く、みたいな気持ちで楽しんでいました」とうれしそうに話した。

山本監督も「竜星くんが演じる石綿直樹は特に必殺技もないんですけど、生徒たちが悩んでいるときに隣に座って一緒に考えてくれるような兄貴のような存在。実際、竜星くん自身がそういう人で、本当に生徒たちの兄貴的存在として常に寄り添ってくれていたなと感じました。それがそのまま映像に残っていると思っています」と明かした。 

エックスサーバー

wpXレンタルサーバー

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント