「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”の違和感と新境地への焦り

 グーペ

〈痛すぎる〉〈福山ってこんなに演技下手だっけ?〉〈見ていて疲れました〉……。

 21日放送の福山雅治(50)主演の日曜劇場「集団左遷」(TBS系=夜9時)の初回視聴率は13・8%。前作の常盤貴子(46)主演「グッドワイフ」の平均視聴率9・7%と比べたら上々のスタートだが、評判は芳しくない。

集団左遷」は大手銀行を舞台に、支店が本部へ下剋上を挑むドラマ。福山は廃店が決まっている支店の支店長を演じる。副支店長役は怪優、香川照之(53)。リストラ候補の仲間たちと力を合わせ、理不尽な本部に立ち向かっていく姿がユーモラスに描かれている。

「福山が連ドラの主演を務めるのは『ラヴソング』(フジテレビ系)以来、約3年ぶり。50代になって初の連ドラ主演で、銀行員役も初めてです。日曜劇場といえば、『半沢直樹』や『下町ロケット』のようにヒット作が多い。福山も気合十分で、番宣に出ずっぱり。自ら『たくさん出る!』と近しい関係者に語っていたようです」(テレビ誌ライター)

 情報番組、バラエティー番組、試写会と、次々に顔を出し、久々の連ドラ主演に対する意気込みは半端ではなかった。が、フタを開けてみれば、違和感や不安、期待外れといったコメントが相次いでいる。

「50代を迎えてイメージチェンジを図ったようですが、イケメンのステップアップは難しいことが分かった初回でした」と、コラムニストの桧山珠美氏はこう続ける。

「私は、福山さんの土下座シーンや変な走り方に違和感を覚えました。『半沢直樹』で香川照之さんの“顔芸”が話題になりましたが、『集団左遷』の初回では福山さんが目を大きく見開くなどの“顔芸”を演じ、香川さんのお株を奪っていた。50代になり、新境地を開拓したい気持ちは理解できますが、コミカルなオーバー演技は、ラブストーリーを多く演じてきた、これまでの“福山雅治像”とかけ離れ過ぎています」

「何かが違う」と感じた視聴者が多いのも納得というわけだ。

「また、前回主演の『ラヴソング』は“月9”にも関わらず、平均視聴率は8%台とコケた。もう後がないという余裕のなさも、福山さんの演技に影響しているのかもしれません」(桧山珠美氏)

「ラヴソング」は初回こそ視聴率10%超えだったが、一時は6%台まで下がった。二の舞は避けたいところだ。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区) 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

レンタルサーバー シックスコア

ホームページ作成サービス Z.com Studio