話題のドラマ「あなたの番です」視聴率1ケタ発進…日テレ「リスク覚悟」の勝負の行方は

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 この春、スタート直後からテレビ業界の注目を集め続ける連続ドラマがある。

 原田知世(51)と田中圭(34)主演の日本テレビ系「あなたの番です」(日曜・後10時半)。14日放送の初回の平均視聴率は8・3%。第2話では6・5%と初回から1・8ポイントのダウン。連続1ケタという滑り出しになった(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 22日、まさに第2話の数字が出た5時間後に東京・汐留の同局で行われた大久保好男社長(68)の定例会見に出席した。

 同局は、4月15日から21日の週間平均視聴率のプライム帯(午後7時~午後11時)の数字で10・6%を記録したテレビ朝日に敗れる10・4%。全日帯(午前6時~午前0時)、プライム帯、ゴールデン帯(午後7時~10時)の3部門で1位となる週間三冠王を逃した。

 冒頭、三冠王を逸したことについて「先週の視聴率は全日とゴールデンの二冠に終わりました。各社とも番組の内容を強化しているので、我々にとって厳しい戦いが続いていると認識しています」と厳しい表情で話した大久保社長。5年連続で年度三冠王を続けている“常勝”日テレにとって、例え二冠であっても「厳しい戦い」なのだと、再認識させられた発言だった。

 続けて飛び出したのが、「『あなたの番です』の視聴率が前作と比べて、低いようですが」という作品名名指しの質問だった。

 確かに前クール放送の菅田将暉(25)主演「3年A組―今から皆さんは、人質です―」は最終回で日曜午後10時半枠史上最高の平均視聴率15・4%を記録する大ヒット。その数字と比較すると、「あなたの番です」の低調ぶりは目立つものだった。

 いきなりの質問にマイクを持った福田博之編成局長は「スタート2回、前の『3年A組』が最終回でかなり(視聴率が)行きましたので、そのままのレベルで推移できれば良かったんですけれども、残念ながら…」と正直に答えた上で「今回、全く新しい企画として2クール(連続で)走らせますので、もう1回、ゼロからのスタートという覚悟でスタートさせております」と淡々と話した。 

エックスサーバー

wpXレンタルサーバー

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント