『キングダム』は「大人気マンガを山崎賢人でやるというプロジェクト」と監督が暴露!山崎賢人映画が量産されるナゼ

 グーペ

 人気漫画「キングダム」(集英社)の実写映画版『キングダム』が今月19日より公開されるが、山崎賢人が主演にキャスティングされた経緯について「大人気マンガを山崎さんでやるというプロジェクトだった」と、監督・佐藤信介氏が明かしたことが、波紋を呼んでいる。

 今月16日、佐藤監督は都内で開かれた『キングダム』の日本外国特派員会会見に出席した。佐藤監督はこれまで、『GANTZ』『アイアムアヒーロー』『BLEACH 死神代行篇』など多くのコミック原作映画の監督を務めてきた。しかし、記者から実写化を成功させる秘訣を聞かれると「何もない」と笑いながら返答。山崎賢人を『キングダム』主演に選んだ理由についても、「事実を言うと山崎賢人が出演することは僕のチョイスではない」「大人気マンガを山崎さんでやるというプロジェクトだった」と説明したのだ。

 一方、王騎将軍を演じる大沢たかおに関しては、力を入れて監督自らキャスティングしたという。そんな「大人気マンガを山崎さんでやるというプロジェクト」ありきの映画『キングダム』は、4月19日に封切られた。

山崎賢人主演の漫画原作映画は多数ある
 山崎賢人は、極端に漫画原作の実写映画主演が多い役者だ。2014年は『L・DK』、2015年は『orange』、2016年は『オオカミ少女と黒王子』『四月は君の嘘』、2017年は『一週間フレンズ。』『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』『斉木楠雄のΨ難』。そして2019年は『キングダム』で、2020年には『ヲタクに恋は難しい』の公開が控えている。これらはいずれも、「山崎賢人ありき」のプロジェクトだったのだろうか?

 山崎賢人を起用すれば映画がヒットするという保証もなく、数字も決して良いとは言えないのに、なぜ主演ありきの映画制作が行われるのだろうか。結果的に、山崎がバッシングを浴びるはめになっているのだから、誰の得にもならない。

 原作ありきの映画の場合キャスティングされた役者がイメージに合わないというバッシングは必ず生じる。『キングダム』の出演者が発表された際も、山崎含めた役者陣に対し「全然イメージと違う」という声が続出。再三にわたる山崎での実写化に「飽きた」「なんでまた?」と呆れる人も多い。

 前述したように、山崎賢人が主演を務めるからといってすべての作品がヒットするわけではない。たとえば『L・DK』の興行収入は4.2億、『一週間フレンズ。』は7.2億、『ジョジョの奇妙な冒険』は9.2億で、大規模公開作品のヒットラインといわれる10億円の壁を突破できなかった(日本映画製作者連調べ)。数字が付いてくるわけでないにも関わらず漫画を原作とした実写映画に山崎賢人を起用し続けることは、非常に奇妙である。同時に、作品への誠実さも欠如していないだろうか。

 一番可哀想なのは、一人神輿に乗せられている山崎賢人かもしれない。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

レンタルサーバー シックスコア

ホームページ作成サービス Z.com Studio