AAA浦田直也容疑者、ソロ10周年イベント中止も…計り知れないイメージ低下

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 AAAの最年長メンバーで、リーダーとしても長年グループを率いてきた浦田直也容疑者(36)の突然の逮捕は、グループの今後にも大きな影響を与えそうだ。早くも、自身以外のメンバー2人が22日に予定していたイベント出席が取りやめになった。今年は自身のソロデビュー10周年の節目。グループは6月からアリーナツアーを予定する。浦田容疑者は21日にも送検されるが、所属するエイベックスは今後、検察の処分を待って対応に乗り出すとみられる。

 浦田容疑者逮捕の影響が早くも出た。22日には、AAAの宇野実彩子(32)と與真司郎(30)が都内で行われるアルコール飲料に関するイベントに出席予定だったが、担当者によるとこの日、2人の出席取りやめが決まった。また、28日にフジテレビCSで放送予定だった同容疑者のソロ公演も取りやめになった。

 ソロ10周年というメモリアルイヤーも、自らが最悪の形で水を差してしまった。2月にソロツアーを終え、今月27日から東京、愛知、大阪、福岡の4都市でファンクラブイベントを行う予定。同容疑者は21日にも送検される。検察の処分次第で同日中に釈放される可能性があるが、AAAが長年ターゲットとしてきた20代女性に対する「暴行」。けががなかったとはいえ、ファン層と重なる相手だけに、イメージの低下は計り知れない。公演開催は難しい状況だ。

 所属するエイベックスは、逮捕の一報を受けてから事実関係確認などの対応に追われ、午後9時半過ぎにグループ公式サイトなどで謝罪コメントを掲載。今後は検察の処分内容のほか、世論の流れなど慎重に状況を見極めながら処遇を決める。活動自粛などの処分となれば、6月15日に開幕するグループのアリーナツアーもリーダー不在のままの開催となる。グッズ販売などに影響が及べば、損害は1000万円程度となりそうだ。

 最近では、コカインを使用したとして麻薬取締法違反で起訴されたピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が所属していた「電気グルーヴ」のツアーが中止となり、CDなどの音源も回収。所属事務所からマネジメント契約解除となった。エイベックスは、今後のすべての事案に「協議中」とした。

 AAAは2020年にデビュー15周年を迎える。リーダーの自覚に欠ける、あまりに身勝手な行動の余波が今後広がることは確実だ。 

エックスサーバー

wpXレンタルサーバー

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント