天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

 グーペ

 天海祐希(51)主演の連ドラ「緊急取調室」(テレビ朝日系=木曜夜9時)の初回(11日)平均視聴率は15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。文句なしの好発進といえるだろう。

「緊急取調室」は2014年に第1シーズン、15年にスペシャルドラマ、17年には第2シーズンが放送された。そして今回の第3シーズンと、「緊急事案対応取調班(キントリ)」の取調官、真壁有希子はまさに天海の“当たり役”となっている。

 初回のゲスト出演は浅野温子。ちなみに、第2シーズンの初回は三田佳子だった。

「女優同士が火花を散らす回は、キントリシリーズの中でも特に見応えがあります。女VS女の正面切っての戦いは、キントリ名物といってもいいんじゃないでしょうか。浅野さんの演技は、どこか95年に放送された連ドラ『沙粧妙子―最後の事件―』の沙粧妙子役を彷彿させるものがあり、登場の瞬間から引き込まれました」と話すのは、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏だ。

「名実共に“日本の大女優”といってもいい天海さん。テレビ朝日で来年放送予定の米ドラマ『24』の日本版では、日本初の女性総理役で出演するという噂も出ています。『24』では1話のギャラが300万円なんて報じられている。もっとも、“テレ朝お抱え女優”ともいわれる米倉涼子さんの連ドラのギャラは、1話で600万円以上とも。天海さんも今回のキントリの視聴率次第では、さらにギャラがアップする可能性もあります」

 昨年急逝した俳優の大杉漣さん(享年66)がキントリメンバー「善さん」役でレギュラー出演していたが、初回放送の中で「善さん」の退職が明かされた。さらに番組の最後で「中田善次郎役を演じて下さった大杉漣さんはこれからもずっとキントリの一員です。ありがとう善さん」のテロップが……。

 これには〈あれ見た瞬間、涙腺崩壊〉〈漣さんへの愛がある。キントリは温かいチームだな〉などと、改めて大杉さんの死を悼むコメントがネット上にあふれた。 「天海さんのサバサバした“男前”な性格のおかげで、収録現場は笑いが絶えないし、それがチームワークにつながっている。画面にもにじみ出るのでしょう」(テレ朝関係者)

 間違いなく初回から多くの視聴者の心をつかんだキントリ。天海のギャラうんぬんも気になるが、今後の数字が楽しみだ。  

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

レンタルサーバー シックスコア

ホームページ作成サービス Z.com Studio