石野卓球ツイート「もう事務所は辞める。瀧もいないし」

 グーペ

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴されたピエール瀧被告(52)と音楽ユニット「電気グルーヴ」を組む石野卓球(51)が18日、自身のツイッターで「もう事務所は辞める」と所属先のソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)を退所する意向を明かした。

 この日の投稿で、5年前の電気グルーヴ25周年“塗糞祭”で販売した「ゆるしてニャン」Tシャツの写真をアップ。「欲しい!再販してください」とユーザーからのリプライに対し、「Tシャツも売っちゃいけないんだってさ、SONY系列のSMAだから。レコード会社はバックタイトルいじれなくなるからやめないけど。事務所は辞める」とつづった。また、既に相方のピエール瀧被告は、4月2日付でSMAからマネジメント契約の解除が発表されおり、石野は続けて「瀧もいないし」とつぶやいた。

 15日の同ツイッターでは、「市場に電気グルーヴの音源を再びリリースするには裁判の結果を待ってレーベルの親会社の判断を待つしか無いのが現状です」と投稿。「ただSONY(レーベルの親会社)との兼ね合いでどうしようもんないです」と説明していた。その上で16日に「原盤権はSONYにあるため僕がレーベルを離れると今後電気グルーブの音源を再リリースする場合に僕は一切タッチで出来なくなってしまいます」ともツイートしていた。ツイッターのユーザーから「原盤権があるからソニーに残らざるを得ない」と指摘されると、「そう。出ないと再びリリースする時に俺が手出し口出し出来なくなっちゃうからね」と受け応え、原盤権を持つソニー・ミュージックレーベルズには残る意向を明かしていた。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

レンタルサーバー シックスコア

ホームページ作成サービス Z.com Studio