NHK「なつぞら」で広瀬すず“食った” 粟野咲莉が「第2の芦田愛菜」になる日

 グーペ

 NHK朝ドラ「なつぞら」は15日から、ヒロインの「奥原なつ」が子役から広瀬すず(20)にバトンタッチした。

 広瀬初登場の第13回の視聴率は22.6%で、子役ラストの前回視聴率から1ポイントだけ上がったが、ネット上では、なつの幼少期を演じた粟野咲莉(8)を“惜しむ声”が少なくない。「小なつロス」なんて言葉があるほど、粟野の評価は上々だ。

「広瀬の登場でさらなる視聴率アップを期待する向きもありましたが、これまでの最高視聴率は、第9回の23・1%。なつ(粟野)が戦死した父親の形見の手紙を読み、涙があふれ出すシーンに、思わずもらい泣きした視聴者も多かったようです。涙を誘う粟野のけなげな演技は、業界内でも注目が集まっています」(テレビ誌ライター)

 子役の粟野が、すっかりヒロインの広瀬を“食って”しまった格好だ。コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「視聴率1ポイントアップは誤差の範囲内で、“広瀬効果”はなかったに等しい。それだけ、子役の咲莉ちゃんの演技はナチュラルで、存在感が際立ち、視聴者の興味、関心が広瀬以上に集まったのかもしれません」

 ヒロインの子供時代は通常1~2週間で描かれる。粟野の出演もちょうど2週間だった。

「第3週から、9年後の高校3年生を広瀬が演じていますが、視聴者はもっと幼少時代の咲莉ちゃんを見たかったのではないでしょうか。1カ月ぐらいしてから広瀬にバトンタッチした方が、視聴率も爆発的に上がったかもしれませんね」(桧山珠美氏)

 約250人が集まったオーディションを勝ち抜いたという粟野。2016年に芳根京子(22)が主演したNHK朝ドラ「べっぴんさん」にも子役として出演している。粟野の所属事務所には人気子役だった芦田愛菜(14)も在籍。粟野は芦田に続けるのか。

「“第2の芦田愛菜”になれる可能性はありますが、今回のようなワンポイントの出演だけでは厳しい。『パパと呼ばないで』の杉田かおる、『おしん』の小林綾子、『家なき子』の安達祐実と、子役には大きな流れがあります。皆さん、主演やメインキャストを張っていました。その活躍が今に至っています。咲莉ちゃんはまだそのレベルには達していない。今後の良い作品、役柄との出合い次第でしょう」(桧山珠美氏)

 芦田も4作目のドラマ「Mother」日本テレビ系=2010年)でブレークした。粟野は「なつぞら」で7作目。次回作に注目だ。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

レンタルサーバー シックスコア

ホームページ作成サービス Z.com Studio