美輪明宏が性暴力被害者にトンデモ発言、昔から出ていた“暗黒オーラ”

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 数々の金言で悩める現代人を救ってきた、歌手の美輪明宏(84)。ですが、いま問題発言で波紋を呼んでいます。

 それは、JA(農協)グループの「家の光協会」が発行する冊子『家の光』6月号に寄せられた人生相談でのこと。小さい頃、兄から性的虐待を受けてきたという60代の女性に対し、美輪さんはトンデモ回答を連発しているのです。

◆兄に性的虐待を受けた妹に「家族を守った守護神」

 たとえば、「ギリシャ神話にも近親相姦の話があるように、大昔からあることなのです」として、「自分だけが秘密の苦悩を抱えていると思うのは大間違いです」と切って捨てます。

 そして、夫に相談しようか迷っている女性に対しては、「あなたは重い荷物を下ろして楽になれるかもしれませんが、重い荷物を持たされたご主人はどうなるでしょうか」と、理不尽に我慢を強いる始末。

 極めつけは、超ド級のオチ。「仮にあなたが家族から守られたとすると、お兄さんは自分の性欲を処理することができず、性犯罪を犯してしまったかもしれません。こう考えれば、あなたは家族とお兄さんを守った守護神になるのです」。

 いやいや、“のです”って言われても……。

美輪明宏の“独特の美意識”を面白がってきた

 さて、結論から言えば、一連の発言はいちいちマジメに反論するほどのものではありません。いわゆる、論外ってやつです。でも、美輪さんがお年を召したために急にこういうことを言い出したわけではありません。そもそも、差別的な思想をお持ちであるがゆえの独特な美意識を、周りが面白がってきた経緯があります。

 たとえば、文芸誌『新潮』臨時増刊1995年4月号『大真実』では、黒人音楽を野蛮なものとして罵倒していました。ヨーロッパ移民が作った米国文化は、1960年代から黒人文化に侵食されたと嘆いているのです。

 黒人音楽をベースとしたロックやヒット曲は、「文学性が皆無」「唄と云うより殆(ほとん)どが叫びである」「踊りながら肉体で聴く音であって(中略)もし座して聴けば情緒障害を起こす」とボロクソです(なのに、なぜかジャズだけ擁護している)。

 また、テレビやエッセイで、女性の存在そのものを激しい言葉でののしってきたことも知られています。

 そうした負の面とキャッチーな発信力が表裏一体だと了解することで成り立っていた関係だったのですね。

 もちろん、それがいい悪いではなく、あえてそういうキャラクターとして、アンタッチャブルな聖域に閉じ込めておくことで、“美輪さまぁ~”とひれ伏すフリをして、世間はたわむれていたわけです。言ってしまえば、教祖様ごっこをして遊んでいたのですね。

◆『オーラの泉』でオカルトな面が炸裂

 ところが、ネタとして楽しんでいた美輪さんの言葉を真に受けて、本気でありがたがる風潮ができあがってしまいます。

 そのきっかけが、かつての人気番組『オーラの泉』(テレビ朝日系、2005-2009年)です。スピリチュアリストの江原啓之が、ゲストの前世やオーラや守護霊を霊視し、美輪明宏とともにアドバイスするという番組で、最後は批判を浴びて終了しました。

 これ以降、オカルトやスピリチュアルといった言葉がよりカジュアルになりましたよね。

 悩みや不安について、具体的な解決法を提案するのではなく、目に見えないものを意識させることによって、あたかも現実から救い出してあげられるかのような論法。これが、長引く不況や世界情勢の激変に揺れる時代の空気とマッチしてしまった。その瞬間から、美輪明宏はガチで扱われるようになってしまったのだと思います。

◆紅白「ヨイトマケの唄」にお茶の間が涙したけれど

 お茶の間の涙を誘った、『第63回紅白歌合戦』(2012年)での「ヨイトマケの唄」も、その一例でしょう。もしあれが90年代後半だったら、“ん、なんだこれは?”と不思議がる声もあったはず。いちいち歌詞を直訳したような振り付けを交えるもんだから、ジェスチャーゲームに見えちゃって。故・ナンシー関(消しゴム版画家でコラムニスト)なんか、いじり倒しただろうなぁ。

 ところが、現代にあっては、ほとんどが素で感動してしまいました。あの歌とも語りとも芝居ともつかない、不可解なテルミンのような節回しに、なぜか人生の深淵を見たつもりになってしまった。たとえ道徳的に崇高なメッセージを持つ歌であっても、一歩立ち止まって考える間を失ってしまったように見えました。感情が最優先される風潮を如実に映し出しているように感じられたのですね。

 こうして、論理的思考力や鑑賞力が弱まるほどに、反比例して強度を増していくのが美輪さん的オカルティックな論法。今回の“妄言”が生まれる土壌は、こうしてできあがったのでしょう。

 というわけで、このたびネットユーザーからNGを突きつけられてしまった美輪さん。長いこと“愛の伝道師”として君臨してきましたが、そろそろオーラの効力も途切れてきたのかもしれません。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント



King&Prince・永瀬&神宮寺、初映画が6位スタート……平野紫耀『ういらぶ。』下回る結果に

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 King&Prince・永瀬廉が初主演し、同グループの神宮寺勇太も出演した映画『うちの執事が言うことには』(5月17日公開)が、18~19日の国内映画ランキング(興行通信社提供)で6位に初登場。「ORICON NEWS」などの記事によれば、初日の17日を含む3日間の興行収入は1億2074万8,300円、動員数は9万3,812人を記録したという。ネット上では2人の演技やストーリー展開について、さまざまな感想が上がっている。

 同作は、名門・烏丸家の若き当主・花穎(永瀬)と仏頂面の新米執事・衣更月蒼馬(清原翔)コンビが、家に降りかかる難事件に立ち向かっていく物語。烏丸家と同じ上流階級の一家・赤目家の御曹司・刻弥(ときや)を神宮司が演じ、1月期に話題になったドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)に出演した神尾楓珠ほか、優希美青原日出子吹越満奥田瑛二らが脇を固めている。原作はシリーズ化もされている高里椎奈氏のミステリー小説『うちの執事が言うことには』(角川文庫)で、久万真路監督がメガホンを取った。

 今、最も勢いがあるとされるジャニーズの新星・King&Princeメンバーから2人が出演している『うちの執事が言うことには』だが、18日~19日のランキングは長澤まさみ東出昌大小日向文世が共演した映画『コンフィデンスマンJP』(17日公開、全国324スクリーン)が首位を獲得。すでに公開されている『名探偵ピカチュウ』『キングダム』『名探偵コナン 紺青の拳』『アベンジャーズ/エンドゲーム』も続々ランクインし、195スクリーンで上映された『うちの執事が言うことには』は6位に。ヒット中の作品も多い中で、新作では『コンフィデンスマンJP』に続いて2位という結果だった。

「King&Princeはグループの中心的存在である平野紫耀が、昨年11月公開の映画『ういらぶ。』で主演を務めています。こちらは全国218スクリーンの公開で、土日2日間の動員が14万3,000人、興収は1億7000万円でした。一方、同じくKing&Princeから2人が出演する『うちの執事が言うことには』は、3日動員で9万台ですから、平野主演作に負けてしまった形です。若手世代の主演作と比較すると、Hey!Say!JUMP・伊野尾慧、山本美月がダブル主演した17年5月公開の『ピーチガール』(全国301スクリーン)は2日で12万人、興収は1億4300万円。Sexy Zone中島健人&Hey!Say!JUMP・知念侑李が共演した17年12月公開の『未成年だけどコドモじゃない』(全国281スクリーン)は動員11万5,000人、興収1億3700万円を記録。『うちの執事が言うことには』は195館での封切りとあって、この3作より小規模ではあるものの、イマイチ当たっていない印象です」(ジャニーズに詳しい記者) 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント



元KAT-TUNから2人目…田口容疑者逮捕と芸能界薬物汚染の闇

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 元「KAT―TUN」で歌手の田口淳之介(33)と女優の小嶺麗奈(38)両容疑者が、厚労省関東信越厚生局麻薬取締部大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたことで芸能界に衝撃が走っている。

 同麻取によると、世田谷区の田口容疑者の個人事務所「Immortal」兼住居のマンションに2人でいたところを、22日朝にガサ入れ。室内に乾燥大麻数グラム、大麻を粉末にするためのグラインダーと巻き紙があり、簡易鑑定の結果、陽性反応が出たため、同日午後1時47分に逮捕となった。

「第三者から“タレ込み”があり、その情報をもとに麻取が捜査を開始したそうです」(事情通)

 田口容疑者は1999年にジャニーズ事務所に入所。2001年からは「KAT―TUN」のメンバーとして活躍していたが、16年春にグループを脱退。個人事務所を設立し、音楽活動を続けていた。

 一方の小嶺容疑者は、10代から女優として活躍していたが、07年に田口容疑者との交際が発覚。その後も田口容疑者と同棲する様子がたびたび報じられていた。デビュー当時から田口容疑者を知る芸能関係者はこう話す。

「田口クンは独自にジャグリングなどにも挑戦していましたが、メンバーの中でも正直浮いてました。最後の方は、メンバーが順に話をするライブのMCも振られないこともあり、グループ内で居場所がないという感じでしたね。すでに交際が発覚していましたが、そんな心の隙間に入り込んでいったのが5歳年上の小嶺容疑者だったと思います」

 小嶺容疑者も現在は事務所に所属せず、田口容疑者の個人事務所を手伝っていた。まさに公私にわたるパートナーだったわけだ。

「田口容疑者がジャニーズ事務所に脱退を申し出た時は、事務所側は、小嶺容疑者と結婚がしたいのか、俳優業に専念したいのか、本人の真意を聞いたそうなのですが、いまひとつ判然とせず、“30歳を前にして自分の行くべき道を探したい”という抽象的な理由を言っていたそうです」(スポーツ紙芸能担当記者)

 結局、退所後も小嶺容疑者は田口容疑者と入籍することはなく、10年以上“内縁の妻”を続けていたようだ。

■小嶺容疑者が出てきた「薬物乱用防止啓発CM」

 しかも、小嶺容疑者はかつて、ACジャパンの薬物乱用防止啓発CM「DRUGS KILL TEENS」に出演していた。そのCMで小嶺容疑者は、クラスメートをドラッグに陥れる悪い女子高校生を演じている。ラストに「友達のフリしてドラッグは近づいて来ます」とナレーションが入り、アップで映るその不敵な表情は、もはや悪い冗談でしかない。

 一方、17年5月に田中聖(33)が、同じく大麻所持で逮捕されたことに続き、同グループの元メンバーが、またしても薬物で逮捕されたことに一部では動揺が広がっている。

「2人に共通するのは、インディーズで音楽活動をしていたということでしょう。アンダーグラウンドな音楽系の一部の関係者から薬物が流れてくるという話はよく聞きますね。クラブカルチャーとドラッグは親和性が高いですから」(前出の芸能担当記者)

 麻取は現在、入手経路を捜査中だが、この騒動の波紋はまだまだ広がりそう。闇の解明はこれからだ。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント



駒井千佳子氏、田口淳之介容疑者と逮捕2日前に会っていた「彼女の姿がないことに、あれ?って思った」

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 芸能リポーターの駒井千佳子氏(53)が23日放送の日本テレビ系「ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)で、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された「KAT―TUN」の元メンバー・田口淳之介容疑者(33)と逮捕される2日前に会っていたことを明かした。

 駒井氏は田口容疑者が逮捕される2日前に「バッタリある場所で会いまして。同じエレベーターに乗り合わせたんですけど、実際に田口容疑者と会ったのは3年半ぶりくらいだったんですね」とKAT―TUN脱退後、初めて顔を合わせたことを明かした。

 会話の内容について「ビックリして『田口くん』って声をかけたら、『駒井さん久しぶりです』って。いつも小嶺容疑者がいるって聞いてたので、彼女の姿がないことに、あれ?って思った」と話した。

 「若い女性が一緒にいて、田口容疑者が『今度、女優さんのプロデュースをやってるんですよ。宣伝してくださいね。僕、社長なんで』って言いながらニッコニコにいつもの顔をくしゃくしゃってして笑って。本当に普通に明るく、キレイな顔も変わらないなって」と印象を語った。

 「そのわずか2日後に、大麻で逮捕って一報が入った時は、信じられなかったですね」と驚きを隠せない様子だった。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント



茂木健一郎氏、逮捕者の「容疑者」呼びに「いいかげんやめたら」「一種の思考停止」

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 脳科学者の茂木健一郎氏(56)が23日、自身のツイッターを更新し、「『◯◯容疑者』という呼称は、いいかげんやめたらどうか」と私見をつづった。

 22日にアイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバーで、歌手の田口淳之介容疑者(33)と交際相手の女優・小嶺麗奈容疑者(38)が大麻取締法違反(所持)の疑いで厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。

 茂木氏は「昨日、有名な芸能人の方が大麻で捕まられたようだが、以前からくりかえし申し上げているように、薬物使用は犯罪というアプローチよりも公衆衛生的に対策を立てる方がふさわしい」と見解。続けて「それはそうと、これもくりかえし申し上げているけれども、『◯◯容疑者』という呼称は、いいかげんやめたらどうか」と問題を提起した。

 「最近も、BBCが逮捕されたひとを『Mr.◯◯』と報じていた」と英国の報道を引き合いに出し、「逮捕されたこととか、公判にかけられているということと、その人は別で、Mr.◯◯が逮捕された、Mr.◯◯が公判にかけられている、Mr.◯◯が受刑しているでなにも問題ない」とコメント。「容疑者ー>被告ー>受刑者と申し送りする日本のマスコミはださい」とした。

 さらに「このように書くと、呼び捨てよりはいいだろう、実際に容疑者だからいいじゃないか、凶悪犯罪の容疑者でも容疑者ではないのかなどなど、100回も1000回も目にした常套的な反論を言っていらっしゃる方がいるが、それも一種の思考停止で、つまりはテンプレートで発言しているに過ぎない」とつづり、「ちなみに、『◯◯さんは大麻所持の容疑で逮捕されました。調べによりますと、◯◯さんは…』とか、『◯◯氏は覚醒剤使用の容疑で逮捕され、書類送検されました。捜査関係者によると、◯◯氏は…』という文章をながめてみればよい。私は全く違和感を覚えない」と持論を展開していた。

 そうです犯罪者に茂木健一郎氏の言うようにもっと敬意を払って下さい、茂木健一郎氏の言うように被害者は死んだりおとなしい人間ですどうでも良いのですそうですよね茂木健一郎さん。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント



田口淳之介・小嶺麗奈を奈落の底に突き落とした業界の“ジャニーズ忖度”

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 5月22日に法律違反の薬物所持により逮捕された、KAT-TUNの元メンバーの田口淳之介と、小嶺麗奈

 田口は1999年にジャニーズ事務所に入所。01年に結成されたKAT-TUNのメンバーに選ばれ、5年後の06年に「Real Face」でCDデビューし、トップアイドルの仲間入りを果たした。

「端正な顔立ちながら、天然ボケともいうべき独特の感性の持ち主で、アイドルらしからぬ寒いダジャレを得意とし、クールさが魅力の赤西仁亀梨和也上田竜也らメンバーと明らかに異質。グループの中でも浮いた存在でしたね」(芸能記者

 そんな田口が、小嶺と交際をスタートさせたのは07年ごろ。寿司店に焼き肉店とデート現場が何度もキャッチされ、小嶺の母親もまじえての“マスオさん同居”も明らかになっており、いつ結婚してもおかしくない状況にあった。

「田口は16年にグループ脱退、ジャニーズ退所という大きな決断をしますが、その理由の一つが、長い春を過ごしていた小嶺との結婚では?とも囁かれていましたね」(前出・芸能記者

 その後、個人事務所を設立して活動をスタート。ジャニーズを辞めた者のメジャーな活動は難しいとされる中、17年2月にはユニバーサルミュージックとアーティスト契約が発表され、同年9月に「DIMENSIONS」でメジャーデビューを果たし、ファンを喜ばせた。

「小嶺は、12年の映画『ボレロ』を最後に芸能活動から身を引いており、昨年の春には田口のマネジャー兼プロデューサーとしてその活動を支えていることも報じられていました。しかしながら、メディアのジャニーズ事務所へ忖度からか、田口の音楽活動が大きな話題になることはなく、昨年11月30日をもってユニバーサルとの契約が終了。それから約半年後の逮捕だったわけです。田口の活動が完全に行き詰まり、2人の置かれた環境がかなり厳しいものであったことは間違いありません」(芸能プロ関係者)

 12年にも渡る2人の関係が、こんな形で一つの節目を迎えることになるとは…。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント



芸人ヒロシ『一発屋』扱いに「テレビは安易で嘘が多すぎる」と激怒 真実を正しく放送できない哀れなテレビマン

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 お笑い芸人のヒロシさんが「一発屋が大儲け」というテレビ番組の紹介に激怒。『レベルが低すぎるわ。』と怒りのツイートが話題になっています。

参考記事:大阪地震 関西マスコミはただのハイエナと化した 報道? いいえ、あなたたちはただの「糞テレビ屋」です | TABLO
https://tablo.jp/archives/2118?ifsk=12062

ヒロシです…」のネタで芸人としてブレークしたヒロシさん。たびたび「一発屋」の1人にあげられていますが、現在は著書の出版やYouTube「ヒロシちゃんねる」で再ブレーク。ヒロシちゃんねるではソロキャンプ動画を配信しており、登録者数約40万人と大人気コンテンツとなっています。

おそらくテレビの人たちは、この「40万人」という数のすごさにピンときていないのではないでしょうか。昨日今日で得られる数字ではないのです。

ヒロシさんは22日に『某番組からオファーを受けた』とTwitterでその内容を激白。

「今の成功を純粋に密着したい」「一発屋の内容ではない」というオファー内容だったそうですが、実際にその番組の予告を観たら『あの一発屋が大儲け』という見出しだったそう。それに対しヒロシさんは、

『ガッカリだわ。全てではないが、テレビは安易で嘘が多すぎる。レベルが低すぎるわ。』

と激怒。

『俺は一発屋だと言われるのが嫌で、頑張って今のクソ忙しい状況を作った。』と語るヒロシさんですが、その努力に「純粋に密着したい。一発屋の内容ではない」とのオファーで『あの一発屋が大儲け』といった宣伝ではその落胆は大きい事でしょう。

このツイートに対しファンからは、

一発屋じゃないって取材してそれかよ…最低ですね。」
「ファンは ちゃんと わかってますよ」
「私は一発屋とは思ってないです。ずっとずっと頑張ってきた姿知ってますよ。」
「こういう心無い人に負けずに頑張ってください 応援してます」

といったコメントが寄せられていて、ヒロシさんの好感度の高さが伺えました。

しかし、一度ついてしまった「一発屋」というイメージはなかなか払拭できるものではないということがよく分かった今回の騒動。この悪趣味な差別について、テレビマンは自問自答する時ではないでしょうか。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント