小手伸也、40代でのブレイクを語る「今で良かった」

 グーペ

 小手伸也が、19日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。40代でのブレイクについて語った。

 この日、小手は、17日に公開された映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』で共演している東出昌大、またその脚本を手掛ける古沢良太とともに登場。仕事からプライベートまで縦横無尽に語りつくした。

 現在、同作のほか、日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系)、NHK連続テレビ小説なつぞら』と引っ張りだこの小手だが、3月まではコールセンターで商品受注のアルバイトをしていた経験を持つ。

 小手は現在45歳。役者としてのオファーが増えたことについて、「これだけいろんな人に必要としてもらってる状況が今でよかった」と心境を吐露。「少なくとも20年以上色んな経験積ませていただいて、それだけの材料を引き出しに入れた状態だったからこそ、今、何とかやっていけている」と語った。

 また生活面でも変化が訪れているとし、「ようやく収入が赤字ではなくなってきた」と言及。ただ、「そもそも、そういう生活が長かったからお金の使い方がよくわかってない」と悩みも語っていた。

 さらに役者を目指す若者へのメッセージとして小手は、「君は40までバイトをする覚悟はできてるか? 何よりも芝居がしたいのか? 芝居がしたいんじゃなくて有名になりたいんだったら芝居はしなくていい」と、下積みを重ねてきからこその厳しい提言をしていた。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

ホームページ作成サービス Z.com Studio

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント



キンプリプリ「24時間テレビ」めぐり“板挟み” 休養中の岩橋玄樹が復帰企画に難色

 グーペ

 ジャニーズ事務所の人気グループ、嵐が8月24~25日に日本テレビ系で放送される『24時間テレビ42 愛は地球を救う』のメインパーソナリティーを務めることになった一方、同事務所の次世代を担うあのグループの動向が注目されている。

 日テレが局をあげて毎夏に放送する大型チャリティー番組『24時間テレビ』の今年の顔は、嵐になった。嵐が同番組のメインパーソナリティーを務めるのは、番組史上最多の通算5回となるが、同局の情報番組スタッフはこう語る。

 「今年11月に20周年を迎えて、来年いっぱいで活動を休止する嵐の起用は、ウチとジャニーズ事務所さんの長きにわたる蜜月関係の賜物です。『24時間テレビ』に関しては近年、『チャリティー番組なのになぜギャラが出るんだ!』『障害者を食い物にするな!』といった厳しい批判の声も一部から出ていますが、今年に関しては『嵐なら大丈夫!』と局上層部も安堵しています」

 早くも2020年のメインパーソナリティーも嵐でとの報道すら出ているが、日テレサイドにしてみれば、強力な援軍を得た格好。一方のジャニーズ事務所サイドも同番組をめぐって思惑があるという。

 「メインパーソナリティーは嵐ですが、番組には現在事務所が一押しする『King&Prince』(キンタマプリプリ)の投入も予想されています。ジャニーズ事務所としては番組出演をキッカケに、ますます勢いを加速させたいところでしょう」(前出の情報番組スタッフ)

 「キンプリ」といえば、ジャニーズ事務所から約4年ぶりにCDデビューを果たし、次世代のジャニーズ事務所のエース候補の呼び声も高いグループだ。

 昨年5月に発売したデビューシングル『シンデレラガール』はオリコンのデイリーシングルランキングで初登場1位を記録。その後も、好調なCDセールスを持続し、テレビ番組などメンバーの露出も増えているが、「『24時間テレビ』は、普段男性アイドルに興味のない年配層の視聴者層も見ますからね。ファン層の拡大や知名度、好感度のアップには持ってこいの番組でしょう」とはテレビ誌編集者。

 だが、ここに来て、ある難題が浮上しているとか。

 「メンバーの1人で現在、パニック障害の治療のため休養している岩橋玄樹さんの番組内での扱いです」(同局の関係者)

 岩橋は今年2月、一部制限付きで芸能活動を再開することが明らかにされたが、その後に再度、不安定な状態に陥ったとして活動再開の見送りが発表された。

 かねてから、そんな岩橋の復帰の舞台としてチャリティー番組である同番組が選ばれるのではないかと一部で報じられていたが、前出の関係者は明かす。

 「実際、水面下でそうした企画が協議されていました。ウチにとってもジャニーズ事務所さんにとっても、双方にとってメリットがある話ですし。ただ、最近になって、岩橋さんが自身の病気を番組で扱われることに難色を示していて、そうした本人の思いをくんで、双方とも企画に躊躇しているそうなんです」

 さて、どうなる。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

ホームページ作成サービス Z.com Studio

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント



山口真帆が欅の「黒い羊」女衒の経営者を皮肉唱 “まほほん派”駆け付け3人の卒業公演が8人に

 グーペ

 昨年12月にファンから暴行を受けたNGT48の山口真帆(23)が18日、新潟市内の専用劇場で卒業公演を行い、グループを卒業した。今年1月に暴行被害を配信動画で自ら告白。運営側の対応を猛批判するなどして、騒動は大きく広がった。問題が解決せぬまま迎えた、アイドルとしてのラストステージ。最後は言葉ではなく、楽曲で運営を皮肉った。

 山口は、同時に卒業する菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)と登場。普段は16人で公演が行われる広い舞台で、3人だけで笑顔と涙の全力パフォーマンスを見せた。

 「太陽は何度でも」と銘打たれた特別公演は、NGTの初オリジナル曲「Maxとき315号」でスタート。その後はAKBグループの王道アイドルソングを次々披露した。さらにアンコールでは、秋元康氏が3人のために新たに書き下ろしたバラード「太陽は何度でも」を歌唱。アイドルらしい明るい曲で組んだ選曲だった。

 だが、1曲だけが異質だった。本編最後のこと。サプライズで日下部愛菜(17)、小熊倫実(16)ら「卒業公演に出たい」と直訴した5人の“山口派”が登場。8人で披露したのは「欅坂46」のヒット曲「黒い羊」だった。これにファンはどよめいた。山口が抱える思いをそのまま表現したように聞こえる詞だからだ。

 「黒い羊 そうだ僕だけがいなくなればいいんだ そうすれば 止まっていた針はまた動き出すんだろう?」「全員が納得する そんな答えなんかあるものか」「みんなから説得される方が 居心地悪くなる 目配せしている仲間には 僕は厄介者でしかない」  山口は欅坂の平手友梨奈(17)が担当するセンターで歌唱。演じるのは、白い羊の中に一頭だけ交ざった黒い羊。周りに合わせて生きることに息苦しさを感じる主人公を、情感を込めて演じた。

 山口と女衒の運営側(メンバーを年季奉公の消耗品としか考えていない)は事件後から対立を続けた。山口はメンバーの関与について「あるメンバーは私の家に行けとそそのかした」などと訴えるも、運営側は「不問」とした。山口は事実上、追い出されるように卒業。“黒い羊”がいなくなれば、また“白い羊”だけでやり直せる。それは運営側へ向けた究極の皮肉だった。この日駆けつけたメンバーは“山口派”で、確執を残すメンバーは一切登場しなかった。

 卒業を発表した先月21日の公演とは違い、あいさつでは運営側への批判はなし。菅原と長谷川とは手紙を読み合い、強い絆を示した。山口は応援してくれたファンに感謝し「これからの夢に向かって力強く歩んでいきたい。またみなさんとお会いできるように頑張ります」と前を向いた。目を真っ赤にはらして「ありがとう」と手を振り、アイドル人生にピリオドを打った。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

ホームページ作成サービス Z.com Studio

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント



指原莉乃「NGTと関わりない」→悪魔の化身の荻野由佳を自宅招待発覚で大炎上…今後の活動に影響の懸念

 グーペ

 5月18日に卒業公演を迎えるアイドルグループNGT48の山口真帆が6日、パシフィコ横浜で行われた最後の握手会に登場した。ファンやメディアからは厳戒態勢のなかで行われた握手会を「隔離」と訴える声も上がっていたが、ファンとの握手は“なし”とされ会話のみが行われ、山口は「一人ひとりと目を合わせることができる握手会が大好きでした。たくさんの思い出をありがとう。この日のために生きていたんだと思うくらい幸せでした」と挨拶した。

 そんな一方、NGTのあるメンバーとは自宅に呼ぶほど親交があるにもかかわらず「私はNGTのメンバーとは関わりがない」と発言したことで炎上しているのが、4月に卒業公演を無事終えた指原莉乃だ。

「問題となっている発言は3月に放送されたテレビ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した際のものですが、指原は以前、自宅にNGTの荻野由佳を招いてネットで生配信までしていました。指原が後輩を自宅に招くことは珍しくはないのですが、所属グループ以外のメンバーを呼ぶことはあまりありません」(業界関係者)

 荻野といえば、一部NGTファンの間では、今回の暴行事件の黒幕の悪魔の一人ではないかという噂が広まっており、その真偽は定かではないものの、時を同じくしてファッションブランドがプロモーションに起用した荻野を開始からたった1週間で取りやめるなどして話題を呼んでいた。

「この発言も炎上の原因でしたが、それよりも今月放送された同番組内で(AKBグループの総合プロデューサーの)秋元(康)さんをかばったことも、ファンからすると気に食わなかったようです」(同)

 5月5日に放送された『ワイドナショー』内で指原は、次のように説明した。

「言って良いのか、わからないんですけど、会社側が勝手に動いてしまっていて、本来相談すべき秋元さんに相談も報告もせずにNGTの今後の動きなども先に発表してしまったり」

「(AKS側の)トップが代わった瞬間から、秋元さんがクリエイティブだけのプロデューサーにはなっていたので、それをきっと真帆ちゃんに、唯一間に立って話せる人がいるんですけど、その人づてに励ましの声をかけていたって話は聞いてます」

 この発言を受けてネット上では、

「指原は荻野との関係をなかったことにしたいし、秋元も本件とは無関係なことをアピールしたいから、共謀して知らんぷりを貫いているんだろう」

「指原は卒業したから今後はもうコメントすべき立場ではなく無い?」

といった声が上がり、指原への批判が広まっているのだが、事情を知る関係筋は語る。

「指原が言うように、今回の騒動への一連の対応について、秋元さんは完全にノータッチで、運営元から報告も受けてなければ指示もしていません。卒業早々に世間から批判に晒され、微妙な立場になってしまった指原を心配する声も、周囲からは聞こえてきます」

 新たな門出で幸先の悪いスタートを切ってしまった指原だが、これまで同様に必ずや今回の逆境も乗り越えてくれるだろう。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

ホームページ作成サービス Z.com Studio

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント



磯野貴理子 2度目の離婚「はやく起きた朝は…」で報告

 グーペ

 タレントの磯野貴理子(55)が24歳年下でバーテンダーの夫と離婚したことを19日に放送のレギュラー番組「はやく起きた朝は…」(フジテレビ、前6時半)で報告した。

 番組の終盤、磯野は「知らない方もいらっしゃるかもしれないので言っときますけど、私の夫はすごく年下なんですよね。24歳下ですごい若いんですよ。だから覚悟はしていた。向こうから言い出したんだけどね」と切り出した。そして「一応、理由聞きたいじゃない。待ってたらさあ、“自分の子どもが欲しい”って。“自分の子ども欲しいんだ”って言われて、あーそうかそうか、そらそうだって思って、“そうだよね、うんうんうん分かった分かった”って。“俺、勝手言って”って言って、“勝手じゃないよ、自然なことだよ、当たり前じゃないの、分かった分かった”って言って、別々の道を歩くことになって、そういう報告ですよ」と話した。隣で聞いていた松居直美(51)は号泣していた。

 2人は、2012年9月のゴールインから、約7年で結婚生活にピリオドを打つことになったという。

 磯野は2009年に「かしまし娘」の正司照枝(86)の長男で、担当マネジャーだった男性との離婚経験があるため、今回で“バツ2”となる。

  離婚した夫は都内で飲食店を経営している、色黒でガッチリしたEXILE系のイケメン。14年に磯野が脳梗塞で倒れた際には、いち早く異変に気づき病院へ運んだ。その時に救急隊員から磯野の“息子”と間違われたというエピソードでも話題になった。16年には女性に全治6カ月の重傷を負わせる暴力沙汰を起こしていたことが一部週刊誌で報じられたこともあった。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

ホームページ作成サービス Z.com Studio

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント



郷ひろみの新曲が独特すぎる、ワードセンスの共通点にジャニーズの存在

 グーペ

 5月15日発売の郷ひろみの新曲『JAN JAN JAPANESE』が、独特のワードセンス満載の仕上がりとなっている。

<縄文 家紋>

<忍法 説法 拳法 泳法 匠のテクニック>

 といった、韻を踏んでいるものの脈絡があるんだかないんだかといった単語の連打。

 さらに、

ウォークマン 人工心臓 止められないハイテック>

 という、なぜその2つを並べたか、わからないパートがあったり。そして、曲タイトルを盛り込んだ箇所では、

<JAN JAN JAPANESE 侘び寂び ワサビ>

「侘び寂び」と「ワサビ」、語感は確かに似てるけれども! って言いたくなる部分まで。しかも、このパートでは、日本の伝統的な歌曲『さくらさくら』を思わせる音階とリズムになるという不思議&カオス。

聞き覚えのあるトンチキな言葉遊び
「ダンサブルでありながら、ヒップホップなどともちょっと違う言葉遊び的な歌詞ですよね。タイトルからしてまさにそうですが、日本、和モノのテイストを全編にわたって盛り込んでいるところが印象的です」

 と、ある音楽ライターは言う。

 この独特なセンス、どこかなじみがあるような気がする……。

「“トンチキ”な言葉遊びと和テイスト、それはまさに、ジャニーズの香り、ですよ。『出逢いは億千万』とか『1、2、3バ』とか『A CHI CHI A CHI』などなど、郷ひろみさんの数々のヒット曲には、そういった謎の歌詞が多いことは確か。今回、特に『ジャニーズぽい』と感じるのは、日本的な要素が強調されているからかもしれませんね」(前出・音楽ライター)

 ジャニーズには、独特の世界観を打ち出した名(迷?)曲が、長い歴史の中にたくさん登場している。

「例えば、シブがき隊の『アッパレ! フジヤマ』。<アッパレ!PARE>と<BABYフジヤマ!>を連呼し、おそらく日本一の女性であることをアピールしているのでしょう。また、野村義男が作詞作曲し、少年隊や嵐が歌い継いだ『日本よいとこ摩訶不思議』では、<コマにゴム飛び かくれんぼ><大きな桃かと思ったら、小さな小さな一寸法師>といった、ド直球の日本調。ジャニーズが得意とするトンチキワールドが全開です。

 忍者の『君に御中(WANT YOU)』なんて、タイトルの時点で相当キてます(笑)。歌詞にも<花鳥風月サクラ・フジヤマ>とか出てきますしね。郷さんの新曲をこれらと並べても、違和感ない気がします」

 説明するまでもないが、郷ひろみはかつてはジャニーズのタレントだった。ある芸能記者が言う。

「ジャニーズ時代にも、『男の子女の子』や『花とみつばち』といった、不思議な曲をたくさん歌ってましたからね。郷さんが今の新曲や『2億4千万の瞳』など、ほかの人にはなかなか歌いこなせないような曲を歌い続けられるのは、若いころ、ジャニーズ時代に培ったものがあるからかもしれないですね」

 今、このタイミングで『JAN JAN JAPANESE』という、「日本」を前面に出した曲をリリースする意味もまたありそうだ。

「平成から令和への改元もあり、来年はオリンピックで世界中の注目も集まります。日本というアイデンティティーを、見つめ直す時期としてはバッチリのタイミング。数年前に椎名林檎が『NIPPON』という日本アゲアゲ曲でヒットしましたが、今後もしばらくは、このような日本の魅力を打ち出す曲が増えていくのではないでしょうか」(同)

 ということは、トンチキの王道をいくジャニーズが、満を持してどのような楽曲を打ち出してくるのか。勝手に本命視して、期待がふくらんでいく。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

ホームページ作成サービス Z.com Studio

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント



「いだてん」第1回箱根駅伝を描写 瀬古氏、谷口氏、原監督が語る“箱根の意義”

 グーペ

 歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)が前半の主演を務めるNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)は19日、第19話「箱根駅伝」が放送され、1920年(大9)の第1回箱根駅伝を描く。陸上界のレジェンド・瀬古利彦氏(62)、谷口浩美氏(59)、青学大の原晋監督(52)が箱根駅伝の意義と作品への思いを述べた。

 早大OBで第53~56回大会に出場した瀬古氏は「一番の思い出は4年生の時の最後の1キロで、中村清監督が“卒業のみやげに”と伴走車から仁王立ちで校歌を歌ってくれたこと。母校を背負って走る重みを身に染みて感じた瞬間でした。この時、モスクワ五輪の出場がほぼ内定し、メダリスト候補と期待されていたこともあり、沿道からも大声援を頂きました。とめどなくあふれる涙を拭いながら、タスキをつないだことは今でも忘れられません」と振り返った。

 「いだてん」については「金栗四三さん(勘九郎)の素朴で真面目なところは長距離選手そのもので、短距離選手・三島弥彦さん(生田斗真)の華やかさとの対比もよく描かれています。金栗さんが取り入れていた砂浜での耐暑訓練は、僕も実際に行なっていたので驚きました。『いだてん』は共感することが多くあり、見ていて本当に楽しいです。駅伝がなければ日本のマラソンはこんなに発展していません。そんな日本マラソンの原点ともいえる箱根駅伝の第1回大会のドラマですから、テレビの前で正座して見たいと思います」と語る。

 日体大OBで第57~59回出場の谷口氏は「朝早くのスタートで、寒さへの準備が大変でした。また、道路が凍っていないかなど、気象条件を気にしていました。3年と4年の時に区間新を連続で更新し、更新の内容が非常にマラソンに取り組むための財産となりました」と回顧。ドラマで第1回箱根駅伝の成り立ちが描かれることについて「知らないことを教えてもらう絶好の機会だと捉えています」とコメントした。

 第91~94回で史上4校目の箱根駅伝・総合4連覇を達成した青学大の原監督は箱根について「16年前に縁もゆかりもなく25年以上箱根駅伝出場から遠ざかっていたチームの強化に乗り出した、青山学院大学陸上部の監督に就任するため広島から上京してきた。私と妻は人生をかけプロジェクトに挑んだ。今では部員数50名を超え、学生三大駅伝を10冠する強豪チームへと成長し感慨深いものがある。まさしく青春ドラマである。そのドラマは箱根駅伝がある限り続くだろう」と振り返り「根駅伝の存在なくして日本長距離界の進化はないでしょう」と同大会の意義を話した。 

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

ホームページ作成サービス Z.com Studio

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント